2010年05月20日

食料・燃料を融通=協定署名、米に続き2カ国目―日豪2プラス2(時事通信)

 日本、オーストラリア両国政府は19日夜、東京・麻布台の外務省飯倉公館で、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開き、自衛隊と豪軍が食料や水、燃料、部品などを互いに融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)に署名した。日本がACSAを結ぶのは米国に続いて2カ国目。双方の国会承認などを経て発効する。
 ACSAの適用対象は、国連平和維持活動(PKO)や大規模災害の救援活動、共同訓練、緊急事態における自国民の輸送など。日米ACSAに含まれる周辺事態や武力攻撃事態での協力は、日豪間では対象外となる。 

マンション男性2人刺殺事件、住人を逮捕…大阪(読売新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
悲惨…収容所の日本人妻 脱北者が証言 縁故なければ人間扱いされず(産経新聞)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
posted by セキタ コウゾウ at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。