2010年06月07日

<民主党>参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)

 民主党選挙対策委員長に内定した安住淳衆院安全保障委員長は7日、改選数2以上の選挙区で複数の候補を擁立する参院選対策について「どうしても共倒れの懸念があるとか、県連の話も聞かなければならない。状況を見ながら判断する時があると思う」と語り、支援体制の見直しがあり得るとの考えを示した。党本部で枝野幸男前行政刷新担当相(幹事長に内定)と会談後、記者団に語った。

 これに先立ち、TBSの報道番組で、小沢一郎前幹事長の政治とカネの問題に関し「政治倫理審査会の場でお話しいただければ党のためにもいい」と語り、国会での説明が望ましいとの考えを示した。【吉永康朗】

【関連ニュース】
<関連記事>選挙:参院選 民主、沖縄の統一候補断念 「普天間県内」が影響
<関連記事>横浜市議補選:民主候補が初当選 「首相交代で反転攻勢」
<関連記事>小沢ショック

かわいそうで仕方ない=首相辞任表明で鳩山邦氏(時事通信)
父「余計つらく…」広島女児殺害、差し戻し控訴審7月28日判決(産経新聞)
社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
首相、宮崎訪問検討を表明 口蹄疫問題で「激励も込めて」(産経新聞)
辻元・国交副大臣が辞表提出(読売新聞)
posted by セキタ コウゾウ at 14:45| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

2010年05月26日

<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日の記者会見で、昨年の衆院選当時、民主党代表だった鳩山由紀夫首相が、米軍普天間飛行場の移設先に関し「できる限り県外」と発言したことについて、「代表(の発言)と党の公約ということは基本的には同じようなことだろうと思っている」と述べ、代表としての発言は重いとの認識を示した。

 首相は23日の沖縄訪問で「『できる限り県外』という言葉を守らなかったことをおわびする」と陳謝した。小沢氏の指摘は、首相の方針転換に苦言を呈したとも受け止められ、波紋を広げる可能性がある。ただ、小沢氏は「(政府方針自体は)私は一切聞いておりませんので、論評する立場ではない」とも述べた。【念佛明奈】

【関連ニュース】
郵政改革法案:小沢幹事長が今国会での成立方針を明言
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」

<小沢幹事長>青木氏長男擁立に「厳しくなった」(毎日新聞)
<アスパラガス>アスファルト突き破って成長 北海道・美唄(毎日新聞)
政府、口蹄疫総合対策を決定…費用300億円超(読売新聞)
岸和田市で5棟が全半焼 男性が1人行方不明(産経新聞)
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
posted by セキタ コウゾウ at 09:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。